産後の脱毛は正常な反応ですが円形脱毛症になったら要注意

産後の脱毛は正常な反応ですが円形脱毛症になったら要注意

産後の脱毛は正常な反応ですが円形脱毛症になったら要注意

女性ホルモンには、プロゲステロン(黄体ホルモン)とエストロゲン(卵胞ホルモン)の2種類があります。この2種類が通常は交互に優位な状態を保っているのですが、妊娠するとプロゲステロンだけが大量に分泌されます。プロゲステロンは毛髪の成長を促す働きがあるため、妊娠中には成長するだけして、抜けないのです。妊娠中、毛髪が増えただけでなく、身体中が毛深くなったと感じる人が多いのもこのためです。

 

産後は急激にエストロゲンが増え、ホルモンのバランスが乱れます。妊娠中に抜けるはずだった毛髪が、産後一気に抜けてしまうので、「脱毛」になってしまうのです。本来抜けるはずだった毛髪なので、脱毛と言っても正常な抜け毛と考えられます。しかし妊娠、出産をきっかけに毛周期が狂ってしまい、正常な脱毛ではなく、円形脱毛症になってしまうこともあります。

 

また、産後の生活は激変します。3時間おきの授乳や、夜泣き。赤ちゃんに振り回され、寝不足になり、1日3食取ることもままならないのが現実です。いくらかわいいわが子でも、強いストレスが知らず知らずのうちに溜まってしまっているのです。それが円形脱毛症の要因となってしまうことはあるでしょう。円形脱毛症になってしまった場合は、迷わず皮膚科へ相談しましょう。早いうちに治療をすれば、数ヶ月で治る可能性が高いですよ。